ほとほと

ほどほどなフォトやトホホな日常

ANAじゃらんパックでTDR旅行、関空発飛行機とホテル2泊合計1人3万円でした

f:id:k-ogata:20170214124447j:plain

先月11月末から12月にかけて、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーに行ってきました。約3年ぶりのディズニーです。

その時の情報をいくつか記事として残しておきたいと思います。

今回は、ANAじゃらんパックを使って、かなり安い予算でTDR旅行が実現できました。

平日3日間、2泊3日の日程です。

家族だけでなく、お友達親子と一緒に行くことになりました。その子供はうちの娘と同じ4歳で男の子。

ホテルは一緒の部屋にしました。メンバーは大人3名、子供2名の合計5名です。

往復航空券とホテル代2泊朝食付きで3万円!

結論からいうと、関空からのANA飛行機往復とホテル2泊に朝食が2回ついて、大人はひとり30,600円という安さでした。

ヘタしたら、ANAの往復だけでそれぐらい覚悟しなくちゃいけないケースだってあるというのに。かなり安くないですか?

でも子供は、食事・布団なしという条件でひとり21,600円。飛行機は4歳だから座席がいるのでこれくらいになっちゃうんですね。

というか、大人の旅行代金と1万円も変わらないやん。子供は朝食が別料金で必要になるので、さらに差が縮むことになりますね。

宿泊ホテルは三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ、決め手はお風呂?!

ホテルは東京ディズニーリゾートのパートナーホテルで「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」。

オフィシャルホテルに比べたら、少し遠いですが、シャトルバスで15分程度なので、問題ないレベルです。

朝食はザ・ガーデンレストラン プラナスタイルでのブッフェスタイルになってます。さきほども言いましたが子供は朝食代が必要となります。ひとり800円です。

このホテルの良いところは、客室のお風呂とトイレが別々(セパレート)だということ。

オフィシャルホテル、パートナーホテル合わせてもこのタイプになっているのは数少ないので、これが理由でこのホテルを選ぶ人も多いとか。

小さい子供がいると、お風呂に洗い場がほしいですよね。

大浴場のあるホテル

といっても、実はこのホテルには最上階に展望大浴場が完備されてます。これも人気のひとつになってるようです。

で、2日間ともこの大浴場を利用しました。なので、部屋のお風呂は使わなかったんですよね。

けど、大浴場はパーク閉園後に一斉にホテルに帰ってきた宿泊客で混み合うこともあるらしいです。われわれは2日ともほとんど影響ありませんでしたが。

といっても、週末や夏休み等はやっぱり混み合うと思うんですよ。そういう時は、大浴場を諦めて部屋のお風呂を使うこともあり得るはず。

そんな時も想定すると、やはり部屋のお風呂とトイレが別々っていうのは、とてもありがたいですよね。

なお、ホテルの部屋はバルコニーフォースというベッドが4台置いてある部屋でした。広々していてとても快適でした。

滞在は3日間だったので、3デーマジックパスポートを購入

さて、費用面ははじめに書きましたが、かなり安いコストでした。おとなはひとり約3万円。

ただ、このANAじゃらんパックは、あくまでも往復航空券とホテル宿泊代のみのセットです。

それ以外の費用は当然かかってきます。

東京ディズニーランドとディズニーシーのパークチケットをはじめ、羽田空港からTDRまでのシャトルバス代、ホテルの朝食以外の食事代等々ですね。

なお、TDRから三井ガーデンホテルプラナ東京ベイまでは無料のシャトルバスが運行されてますので、お金はかかりません。

今回はあらかじめ自宅でパークチケットは購入してから行くことにしました。

TDRでは3日間遊べる日程でしたので、3デーマジックパスポートにしました。

おとなは17,800円、こどもは11,500円です。

1日目と2日目はランドかシーのどちらかしか入ることができませんが、3日目はランドとシーを自由に行き来することが可能です。

eチケットを事前購入したけど、平日開園直後の到着じゃないなら現地購入でいいかも

事前にWEBで購入していくので、これをプリントアウトして忘れずに持っていかなくてはいけません。ディズニーeチケットってやつです。

A4用紙に印刷するので結構かさばりました。折りたたむと結構な厚みになるわけですよ。

現地で通常のチケットを買えば、もっと薄くてコンパクトだったんでしょうね。

初日は11時前にTDR到着だったのでチケットブースも特に混んでいませんでした。

混雑期ならスムーズにインパできるので役立つかもしれませんが、今回は平日で空いてたので、結果的にはeチケット用意していかなくてよかったと思います。

自宅で印刷して持っていくということは、家から持ってくるのを忘れてたり、移動中に紛失したら、それでジ・エンドなわけですしね。

スマホの画面見せたりする代替方法はありませんし、TDRでは印刷をしてくれるようなサービスはありませんので。

で、今回は3日間だったので、初日と3日目をディズニーランド、2日目をディズニーシーという計画にしました。

これもeチケット購入時に、初日と2日目をどちらのパークにするか決めないといけません。

現地に着いてから、今日は雨天だからディズニーシーにしよう、なんて融通がきかないわけです。

なので2デー以上のパスポートチケットで、初日が平日、それも開園時間に合わせてインパする予定でないのであれば、チケットをあらかじめ買わなくていいかもしれません。

そうそう、初日は羽田空港から直接、ディズニーランドに向かいました。

ホテルに一旦寄ってると時間がもったいないので、荷物はコインロッカーに預けました。大型のロッカーが空いていたので、そこに全員分の荷物を入れることができました。

具体的な日程内容

では、今回の日程の具体的な中身です。

1日目

  • 自宅から関空までマイカーで移動、関空の駐車場を利用。
  • 関空から8時過ぎのANA便で羽田空港へ。
  • 羽田空港からシャトルバスで東京ディズニーランドへ。
  • ディズニーランドで遊ぶ。
  • ディズニーランドから無料シャトルバスで三井ガーデンホテルプラナ東京ベイへ。
  • ホテルでチェックイン。

2日目

  • 三井ガーデンホテルプラナ東京ベイで朝食。
  • ホテルから無料シャトルバスで東京ディズニーシーへ。
  • ディズニーシーで1日遊ぶ。
  • ディズニーシーからシャトルバスでホテルへ帰る。

3日目

  • ホテルで朝食。
  • ホテルでチェックアウト。
  • ホテルから無料シャトルバスでディズニーランドへ。
  • ディズニーランドで夕方頃まで遊ぶ。
  • ディズニーランドからシャトルバス(有料)で羽田空港へ。
  • 羽田空港から21時発のANA便で関空へ。
  • 駐車場にとめてあったマイカーで関空から自宅へ。

さいごに

というわけ3日間、ガッツリと遊んできました。クリスマスシーズンということで、雰囲気も最高。

ディズニーシーは15周年ということで大きく盛り上がってました。

そして、ディズニーランドもディズニーシーもどちらも結構空いていて、並び疲れるとか人混みに酔うなんてこともなくて助かりました。

ちょうどそういう混雑しない時期だったので、ANAじゃらんパックの旅行代金も格安だったのかもしれません。

実際に、別の日程で試算したところ高くなるケースのほうが多かったのです。

いやー、それにしてもANAの往復便とホテル2泊に朝食付きで3万円って超お得だったと思います。

LCCのPeach使って、ホテルを単独で予約するのとほとんど変わらないのでは?

いやANAじゃらんパックのほうが安かったんじゃないかと思うほどです。

以上、今日はザックリと今回のTDR旅行の件について書かせてもらいました。

また時間ある時に、TDR旅行で新たに知った情報とか次回の旅行時に役立つことについて記録を残したい思います。